「柴犬でもわかるFLOCSS」を購入!

柴犬でもわかるFLOCSS

FLOCSS(フロックス)でおすすめの本は薄い本だよと言われたのを思い出し「FLOCSS うすい本」を頼りにググっていたら、
技術書典5で販売されていた「柴犬でもわかるFLOCSS」のPDF版が出てきました。
技術書典5は 2018/10/08 (月)に開催されていたイベントです。

さらに「柴犬でもわかるFLOCSS」でも調べていたら、下記のようなFLOCSSの勉強にオススメの本を紹介されていました。

FLOCSSの勉強に関するオススメの本はこちらだそうです。
柴犬でもわかるFLOCSS(PDFダウンロード版です)

「#2 WP ZoomUP『2018年のフロントエンドのトレンドから見るコーディング事情』」に参加しました – ebicology(コーディングメモ)https://ebicology.mixh.jp/2018/10/12/6420/

実際に購入してみました!!

PDF版なので、どこまで読んだかわからなくなりそうなので、プリントアウトして読むことにしました。

目次は下記になります。
第1章 FLOCSSの概要
第2章 ComponentかProjectか
第3章 Layoutの扱い
第4章 FLOCSSの命名規則
第5章 FLOCSSのアレンジ
※全58ページになります。

第2章以降具体例が書かれているので、わかりやすかったです。
私のFLOCSSの知識不足で何箇所かわからなかった所もあるので、あともう一回読んで勉強しようと思います。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告